Kist FOR TOMORROW - 株式会社Kist

各種医療機器、医療用ガス全般・設備・設計・施工

事業案内

ガス事業/ガスシステム

医療分野のみならず、様々な環境下においても、 安全に無駄のない、配管施工を行うことが可能です。

ガスシステムについて

医療ガス配管設備のガスの種類には、酸素・笑気・治療用空気・吸引・二酸化炭素・手術器械駆動用窒素・手術器械駆動用空気があります。

これらの配管設備は、大別すると、供給源設備・送気配管・遮断弁・配管端末器(アウトレット)・警報設備に分けらます。

このうち供給源設備は、ガスの種類や供給能力によって、形態が異なり、使用量の少ない場合の酸素や、笑気・二酸化炭素及び窒素は、継目なし鋼製耐圧容器で、通称ボンベと呼ばれる容器によるボンベ式マニフォールドが用いられています。酸素用には、使用量の増加に応じて、LGC(可搬超低温液化ガス貯槽)による供給装置が選択され、治療用空気と手術器械駆動用空気は、圧縮空気供給装置が用いられます。治療用空気に限っては、酸素と窒素のCEと混合器による合成空気供給装置もあり、吸引は、真空ポンプによる吸引供給装置が使われています。

これらの患者様の安全に直接かかわる医療ガスを供給する配管設備には、所定のガスを、清浄な状態で、所定の圧力で、必要量を、常に安定して確実に供給できることを大前提に設備の設計から日常の保守点検にわたり、また取扱いには充分な配慮のもと施工に携わっています。

ガスシステム
ガスシステム

ページの先頭へ